福岡市実証実験フルサポート,Fukuoka City LoRaWANTMの東京説明会の開催について

投稿日:

【開催趣旨】
7月18日よりDBICと福岡市スマートコミュニティ創造協議会が連携を開始することとなり,関連イベントとして福岡市のシティプロモーションを行い,その中で実証実験フルサポート,Fukuoka City LoRaWANTMについて説明会を行う。

【開催場所】
DBICオープンイノベーション・ガーデン
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目8番10号 虎ノ門15森ビル2F CeFIL内
https://www.dbic.jp/about/access/

7月18日開催内容
16:00 ドアオープン
16:30~17:45
「コンパクトシティ福岡市のデジタルビジネスイノベーションへの取り組み」
 福岡市経済観光文化局 創業・立地推進部
1)福岡市における新産業振興・スタートアップ関連事業の紹介
 ・スタートアップ関連事業紹介
 ・企業誘致に関するPR
2)福岡市実証実験フルサポート
 Fukuoka City LoRaWANTM事業説明

18:00~19:00
「ネクストモビリティの取り組み」       
 ネクストモビリティ・コミュニティ
1)小さい交通が世界を変える、ネクストモビリティとは?
2)8月19-20日開催 ネクストモビリティ・バザール in 黒部
 <バラバラ・ハードからつながるシステムへ> 紹介

19:00~ 交流会(会費制 2000円/一人)

 18:00~19:00 状況により個別相談も実施

※DBICとは
 2016年5月、特定非営利活動法人CeFILが組織内にDBIC(デジタルビジネス・イノベーションセンター)が設立された。
2016年10月にはメンバー企業がイノベーションを起こすための場として、オープンイノベーション・ガーデン(OG/オージー)を虎ノ門に開設。
設立当初から日本を代表する27の企業がメンバーに加わり、その数は増加中。
企業、タレント、そして所属ディレクターが顔を合わせてイノベーションに取り組むための場所として活用されている。
【会員企業】
31社2017年6月1日時点 31団体
【業務内容】
DBICは所属ディレクターによるイノベーション支援、世界最高レベルの人材育成プログラムの実施、そして研究員による情報発信という3本柱でメンバー企業に対するサービス提供を行っている。
【特定非営利活動法人CeFIL】
日本経済団体連合会の高度情報通信人材育成部会の実行機能を引き継ぎ、2009年7月に経団連の有志企業により設立され、主旨に賛同する会員により運営。
CeFILは政府、経団連、大学、企業と連携し、日本の成長戦略を推進するために求められる人材育成支援活動に取り組んでいる。
※福岡市スマートコミュニティ創造協議会とは
エネルギー産業振興に資する調査・検討及び実証等を実施し,スマートコミュニティ形成を推進するとともに,スマートコミュニティ関連ビジネスの振興を行う産学官民連携組織で平成26年1月に設立。
(会員数56社・団体・個人平成29年5月末時点 事務局:福岡市)

【返信先】福岡市スマートコミュニティ創造協議会事務局
福岡市経済観光文化局創業・立地推進部新産業振興課 野中・吉本
Eメールアドレス:shinsangyo.EPB@city.fukuoka.lg.jp
FAX:092-733-5901

お申し込み:
※お手数ですが,下記の項目にご記入の上, 7月13日(木)までに上記返信先までEメール・FAXにてご返信いただきますようお願いいたします。
※出席者が複数名おられる場合は,出席者全員分をご記入ください。


文字化け等でダウンロードできない場合はこちらをご覧ください:
PDF / word

(更新日: 2017年07月11日